コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノール ノール Nohl, Hermann

3件 の用語解説(ノールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノール
ノール
Nohl, Hermann

[生]1879.10.7. ベルリン
[没]1960.9.27. ゲッティンゲン
ドイツの哲学者,美学者,教育学者。ディルタイの弟子。 1920年ゲッティンゲン大学教授。哲学的には生の哲学文化哲学の立場に立ち,美学的にはディルタイの世界観論の影響を受けて諸芸術における様式と世界観との関係を考察した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノール(Knol)

《「ノル」とも》インターネット上で利用できる百科事典。同様のサービスであるウィキペディアのように無料で閲覧できるが、記事の執筆者の実名が公開され、編集責任は執筆者が負うという点が大きく異なる。米国グーグル社が2007年より運営開始したが、2012年にサービス終了。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノール
のーる
Herman Nohl
(1879―1960)

ドイツの哲学者、教育学者。ベルリンの生まれ。1919年からイエナ大学、さらに1920年からゲッティンゲン大学教授。ディルタイの精神科学および生の哲学に基づいて、美学や倫理学の研究に従事した。とくに美学の領域では、諸芸術の様式と世界観との照応関係を精神史的に探究した。また教育学を一個の自立した精神科学の領域とした。著書には『ドイツにおける教育学の運動とその理論』Die pdagogische Bewegung in Deutschland und ihre Theorie(1933)や『美的現実性』Die sthetische Wirklichkeit(1935)などがある。[西村清和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノールの関連キーワード西ベルリン東ベルリンベルリン青ベルリン映画祭シュターツカペレ・ベルリンベルリン空輸回廊ベルリン・ゲームベルリン州立管弦楽団ベルリンタワーベルリン協定

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノールの関連情報