コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイパー核 ハイパーかくhypernucleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイパー核
ハイパーかく
hypernucleus

ハイペロンを含む原子核。 Λ 粒子を1個含む Λ ハイパー核は など数十個発見されている。また Λ を複数個含む原子核や,Σ を含む Σ ハイパー核 なども近年確認されている。ハイパー核はK中間子を原子核に衝突させて,核内の核子ハイペロンに変換する反応でつくられる。ハイパー核はハイペロンと同じ 10-10 秒ほどの寿命をもつ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ハイパー‐かく【ハイパー核】

ハイペロン、すなわちストレンジネスが零でないバリオンを含む原子核の総称。通常、原子核は陽子と中性子で構成されるが、そのうち1個以上がストレンジネスをもつΛ粒子Σ粒子などのバリオンに置き換えられたものを指す。原子核中の中性子を標的として、π中間子K中間子を反応させることで人工的に生成される。崩壊時に放出されるγ線の測定から核構造に関する知見が得られるため、研究が進められている。ハイパー原子核

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ハイパー核の関連キーワードJ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android