コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウク Hauch, Johannes Carsten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウク
Hauch, Johannes Carsten

[生]1790.5.12. フレデリックスハルド
[没]1872.3.4. ローマ
デンマークの詩人,劇作家,小説家。大学では自然科学を学び,フランス,イタリアに遊学。のち自然哲学および美学に転じ,コペンハーゲン大学の美学教授となる。詩人としてはロマン派の流れをくむが,古典主義的な文体や現実主義的な題材の点では,ロマン主義をこえている。詩のほか戯曲もかなり書いたが,歴史小説『ポーランド人の家族』 En polsk Familie (1839) ,『フルトン』 Robert Fulton (53) が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハウク
はうく
Albert Hauck
(1845―1918)

ドイツの教会史家。エルランゲン、ベルリン両大学で学び、プロテスタント教会の聖職者を務めたのち、1878年エルランゲン大学、ついで89年ライプツィヒ大学で教鞭(きょうべん)をとった。『プロテスタント神学・教会事典』(第三版・24巻・1896~1913)の編集と執筆をはじめ多くの業績がある。主著の『ドイツ教会史』(5巻・1887~1920)は、みごとな史料批判、偏らぬ立場、優れた叙述のため、ドイツ史学の古典とされる。[出崎澄男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハウクの関連キーワードロードロードハウ島6月11日抄物

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハウクの関連情報