コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハウスクネヒト ハウスクネヒトHausknecht, Emile

4件 の用語解説(ハウスクネヒトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハウスクネヒト
ハウスクネヒト
Hausknecht, Emile

[生]1853
[没]1927. ロンドン
ドイツ人の教育家,日本にヘルバルト派教育学を導入した功績者。ベルリン大学で語学,歴史学を学び,1879年卒業。ギムナジウムの教師をつとめるかたわらイギリスフランスに遊学,また教育制度の調査にも従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ハウスクネヒト Hausknecht, Emil

1853-1927 ドイツの教育学者。
1853年5月23日生まれ。明治20年(1887)帝国大学にまねかれて教育学を講義し,ヘルバルト教育学を紹介した。谷本富(とめり),湯原元一(もといち)らをおしえ,日本にドイツ教育学がはいる端緒をつくった。23年帰国。1927年12月19日死去。74歳。ブランデンブルク出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ハウスクネヒト【Emil Hausknecht】

1853‐1927
ヘルバルト学派の教育学を日本に伝えたドイツ人教育家。ブランデンブルクに生まれ,ベルリンのギムナジウムの外国語教師をしていたが,1887年招聘されて来日し,90年まで東京の帝国大学文科大学で,当時,有能な教員を育成するために設けられた教育学科の特約生に対してヘルバルト学派(J.F.ヘルバルト)の教育学を講義した。それまではスペンサーの〈実利主義〉教育論やペスタロッチの〈開発主義〉教育論が優勢であったが,ハウスクネヒトの教えを受けた谷本富(とめり)や湯原元一らの精力的な紹介によって,日本の教育界はヘルバルト主義教育学の全盛時代を迎える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハウスクネヒト
はうすくねひと
Emil Hausknecht
(1853―1927)

東京帝国大学で初めて教育学を講じたドイツの教育者。プロイセンで生まれ、ベルリン大学卒業後ギムナジウムの外国語教師であったが、1887年(明治20)から1890年までの間、帝国大学招雇教師として滞日した。滞日中は、ドイツ語と教育学の講義のほか、特約生(一部学資援助を受け、卒業後中等教育教員となることを約した学生)教育学科の指導、大阪・神戸・山口の学校視察、講演、『山口高等中学校改正規則』『教育学汎論(はんろん)』などを著し、おもに中等教員養成に貢献した。また、彼の教えを受けた谷本富(とめり)(1867―1946)、湯原元一(もといち)(1863―1931)らによって、のちにヘルバルト教育学が隆盛となり、ヘルバルト学説導入の発端となった。帰国後は、中学校長や語学教師として活動をし、ロンドンで死去した。[藤原敬子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハウスクネヒトの言及

【教育学】より

…前記の伊沢修二の著作は,学制公布後1875年,教員養成のための師範学科のあり方を研究・調査するため,伊沢と高嶺秀夫がアメリカへ派遣され,そこで学んだ成果の一部である。教員養成課程に教育学が位置づけられたほか,帝国大学では1887年,ヘルバルト学派のW.ラインの弟子であるドイツ人E.ハウスクネヒトを招いて教育学の講義を開いた。以後,彼の門下生たちの手で,ヘルバルトの教育学説そのものの積極的な検討・継承よりも,ヘルバルト学派の5段階教授法(予備,提示,比較,総括,応用)の普及がすすめられた。…

※「ハウスクネヒト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ハウスクネヒトの関連キーワード徳川家慶日活(株)コック=ブロンホフ聖地管理問題専修大学福山藩北欧美術明治維新野田卯太郎コッセル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone