コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハエカビ(蠅黴) ハエカビ Entomophthora muscae

2件 の用語解説(ハエカビ(蠅黴)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハエカビ(蠅黴)
ハエカビ
Entomophthora muscae

藻菌類虫生藻菌目ハエカビ科。イエバエその他のハエ類に寄生する。宿主体内でこの菌が生育するとハエは活動力を失い,水辺の植物の葉の裏などに止ったまま死ぬ。このとき菌糸は虫体の気門などから外に出て,その表面に菌糸層を生じ,これに分生子柄が密生して多核の分生子をつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハエカビ【ハエカビ(蠅黴) Entomophthora】

接合菌類のハエカビ目に含まれる1属の菌類。この属の菌はすべて昆虫の内部寄生菌である。もっとも著名な種類はE.muscae (Cohn) Fres.で,かつてEmpusa muscae (Fr.) Cohnと呼ばれたものである。窓ガラス,柱,葉の裏面などにハエがとまって死んでいることがあるが,これはこの菌に寄生されたものである。雨期に多いようであるが,ハエの死体は白い粉状を呈し,その周辺は白い暈(かさ)状の粉のようなものに取り巻かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハエカビ(蠅黴)の関連キーワード子嚢菌類藻菌類トリコミケテス接合菌類蠅黴鬚黴水黴真菌キノコフハイカビ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone