コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガード ハガード Haggard, Sir Henry Rider

2件 の用語解説(ハガードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハガード
ハガード
Haggard, Sir Henry Rider

[生]1856.6.22. ノーフォーク,ブラデナム
[没]1925.5.14. ロンドン
イギリスの小説家。南アフリカでの官吏生活を経て法曹界に入ったが,『ソロモン王の宝庫』 King Solomon's Mines (1885) や『彼女』 She (87) で名声を博し,以後おもに南アフリカを舞台とする冒険小説を多く書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハガード
はがーど
Sir Henry Rider Haggard
(1856―1925)

イギリスの小説家。植民地行政の官吏として6年間、南アフリカで過ごしたのち1880年帰国。この間の経験を生かして『ソロモン王の洞窟(どうくつ)』(1885)を発表して成功を収め、翌年には『洞窟の女王』を書いて前作を上回る好評を博した。いずれもアフリカの秘境を舞台にした怪奇と幻想の冒険小説で、ビクトリア朝伝奇小説の代表作。その後『ソロモン王の洞窟』のヒーロー、アラン・クオーターメインを主人公とするシリーズ『二人の女王』(1887)、『古代のアラン』(1920)や、女王アッシャをヒロインとする『女王の復活』(1905)など40冊以上の作品を残したが、それらの作品に含まれるロスト・ワールド、不死性、タイム・トラベルなどファンタジーの要素は、E・R・バローズを介して20世紀のSFに大きな影響を与えた。1912年ナイトに叙せられたが、これは創作のかたわら打ち込んでいた農政研究の功によるもの。[厚木 淳]
『伊藤礼訳『ソロモン王の宝窟』(1978・筑摩書房) ▽大久保康雄訳『ソロモン王の洞窟』(創元推理文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハガードの関連キーワードノーフォークジャケットノーフォーク島ノーフォークマツノーフォーク室内音楽祭ノーフォーク・テリアノーリッチ・テリアノーフォーク[島]ノーフォーク[州]ノーフォーク式輪作ノーフォーク農法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハガードの関連情報