コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクサンシャクナゲ(白山石南花) ハクサンシャクナゲ Rhododendron fauriae

1件 の用語解説(ハクサンシャクナゲ(白山石南花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクサンシャクナゲ(白山石南花)
ハクサンシャクナゲ
Rhododendron fauriae

ツツジ科の常緑低木で,アジア東部の亜寒帯と高山に生じ,日本では北海道,本州,四国の亜高山帯の林中に生える。また,ときには高山帯のハイマツと混生する。幹は太くて丸く,若木のときは緑色を帯びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハクサンシャクナゲ(白山石南花)の関連キーワード雲仙躑躅霧島躑躅久留米躑躅五月箱根米躑躅日陰躑躅ブライアー深山霧島黐躑躅根本石南花

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone