ハクサンシャクナゲ(読み)はくさんしゃくなげ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ハクサンシャクナゲ」の解説

ハクサンシャクナゲ
はくさんしゃくなげ
[学] Rhododendron brachycarpum D.Don

ツツジ科(APG分類:ツツジ科)の常緑低木。葉は長楕円(ちょうだえん)形で長さ6~10センチメートル、革質で基部は円形またはやや心臓形。7~8月、白色から淡紅色の花を開く。花冠は漏斗(ろうと)状で5裂し、径3~4センチメートル。雄しべは10本。亜高山帯に生え、北海道、中部地方以北の本州、四国の石鎚(いしづち)山、および朝鮮半島に分布する。

小林義雄 2021年5月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のハクサンシャクナゲの言及

【シャクナゲ(石南花)】より

…しかし中国の低山性のものは,日本でも屋外でよく生育する。 日本にある4種類はすべてポンティクム系のものとして扱われることが多いが,実際にはポンティクム系のものはハクサンシャクナゲだけで,他は別系統と考えられる。(1)アウレア系 キバナシャクナゲR.aureum Georgi(イラスト)は唯一の寒帯性の種類で,丈は50cmほどにしかならず,全体無毛で花は黄色である。…

※「ハクサンシャクナゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android