ハゲコウ

百科事典マイペディアの解説

ハゲコウ

コウノトリ科の鳥。くちばしは太く大きく,頭部出して肉色。頸(くび)には伸縮する裸皮の空気袋が下がる。オオハゲコウ(単にハゲコウとも)は翼長80cm,背面や尾羽は緑色光沢のある黒色で,腹面は白色。インド〜東南アジアに分布し,主として死肉を食べる。ほかにアフリカハゲコウコハゲコウなど。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハゲコウ
はげこう / 禿鸛
marabou
adjutant stork

鳥綱コウノトリ目コウノトリ科ハゲコウ属に含まれる鳥の総称。この属Leptoptilosは、南アジアに分布するオオハゲコウL. dubiusとコハゲコウL. javanicus、アフリカに分布するアフリカハゲコウL. crumeniferusの3種からなる。いずれも全長1メートルを超える大形の鳥で、とくにオオハゲコウとアフリカハゲコウは全長1.5メートル、翼幅3メートルに達する。その名のように、3種とも頭頸(とうけい)部は皮膚が裸出している。食物は主として腐肉であるが、生きたネズミ、カエル、ヘビ、小鳥などもとらえて食べる。頭頸部が裸出しているのは、腐肉で羽毛が汚れないようにである。ハゲコウ類は動物の死体を食べてくれるので、死体の掃除人として役だっている。とくにインドでは、オオハゲコウは都市の中にもすみ、町の清掃を行っていたが、ごみ処理の発達した現在では、こうした光景は完全に昔話になってしまった。

[森岡弘之]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android