コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハタタテダイ ハタタテダイ Heniochus acuminatus

2件 の用語解説(ハタタテダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハタタテダイ
ハタタテダイ
Heniochus acuminatus

スズキ目チョウチョウウオ科の海水魚。全長 20cm内外。体は強く側扁して,体高が高い。背鰭の前方が高くなっており,その第4棘が長く糸状に伸びている。体は黄白色で,体側に2本の黒褐色の横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハタタテダイ
はたたてだい / 旗立鯛
pennant coralfish
[学]Heniochus acuminatus

硬骨魚綱スズキ目チョウチョウウオ科に属する海水魚。房総半島以南の太平洋インド洋に分布。体は四角形に近くよく側扁(そくへん)し、全長20センチメートルに達する。和名は、よく伸びた背びれ第4棘(きょく)に由来する。幼魚は岩礁付近で生息するが、成長につれ砂泥質の海を群泳し、数十メートルの深さにまで生息する。本属の魚は暖海に多く、南日本から南には本種のほかにシマハタタテダイ、ミナミハタタテダイなど5種が生息するが、いずれの種も黒、白、黄色の横帯があり、美しく飼いやすいので観賞魚として親しまれる。[井田 齋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハタタテダイの関連キーワード赤羽太赤鯥元禄鯛胡麻鯖蝶蝶魚鉄砲魚旗立鯛葉血引笛奴鯛チョウチョウウオ(蝶々魚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハタタテダイの関連情報