コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバード ハバードHubbard, Elbert Green

2件 の用語解説(ハバードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバード
ハバード
Hubbard, Elbert Green

[生]1856.6.19. イリノイブルーミントン
[没]1915.5.7. アイルランド
アメリカの著述家,編集者,出版業者。ロイクロフト出版社を創立,世紀末の前衛的な芸術誌『ペリシテ人』 The Philistine (1895~1915) を発行。エッセーガルシアへの伝言』A Message to Garcia (1899) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハバード
はばーど
Freddie Hubbard
(1938―2008)

アメリカのジャズトランペット奏者。インディアナポリス生まれる。1957年、同郷のバンドモンゴメリー・ブラザーズ(ギター奏者ウェス・モンゴメリービブラホーン奏者バディ・モンゴメリーBuddy Montgomery(1930―2009)、ベース奏者モンク・モンゴメリーMonk Montgomery(1921―1982))のアルバム『ザ・モンゴメリー・ブラザーズ・アンド・ファイブ・アザーズ』で、サイドマンとして初レコーディングを経験する。当時はローカルミュージシャンとしてインディアナポリス周辺で演奏活動を行い、毎日曜日にはシカゴまで遠征し、同い年のトランペット奏者ブッカー・リトルBooker Little(1938―1961)の演奏を熱心に聴く。
 1958年ニューヨークに出て、1年以上アルト・サックス奏者エリック・ドルフィーと同居生活をする。1959年テナー・サックス奏者ソニー・ロリンズ、およびリトルと共演する。1960年ドルフィーの初リーダー作『アウトワード・バウンド』のサイドマンを務め、直後に初リーダー作『オープン・セサミ』をブルーノート・レーベルに録音。以後同レーベルにリーダーあるいはサイドマンとして大量の吹き込みを行い、ジャズ・シーンの注目を集める。同年アルト・サックス奏者オーネット・コールマンとドルフィーが共演した話題作『フリー・ジャズ』にもサイドマンとして参加する。1961年、ドラム奏者アート・ブレーキーの率いるジャズ・メッセンジャーズに入団。1964年に退団、ドルフィーのアルバム『アウト・トゥ・ランチ』に参加。このころよりいわゆる「ブルーノート新主流派」ミュージシャンの一員として、ピアノ奏者ハービー・ハンコックの作品『処女航海』(1965)などで新世代トランペッターとして重要な役割を演じる。
 1966年それまでの「フリー・ジャズにも共感を示す主流派路線」から大きく転換し、アトランティック・レーベルに「ジャズ・ロック」アルバム『バックラッシュ』を録音、大衆的人気を得る。その延長として1970年CTIレーベルに移籍しアルバム『レッド・クレイ』を録音。1970年代はいわゆるフュージョン・アルバムで大衆的人気を確実なものにするが、オーソドックスなジャズ・ファンからは若干距離をおいてみられる。
 1977年テナー・サックス奏者ウェイン・ショーター、ハンコックらとアコースティック・バンド、V. S. O. P.を企画。これは本来トランペット奏者マイルス・デービスを引退状態から引き戻すための試みだったが、果たせず代役としてハバードが参加。思わぬ好評をよんだため、一度だけの企画のはずがレギュラー的活動をするグループとなった。1980年代以降も旺盛な制作意欲を燃やしアルバム制作を続けたが、彼のジャズ・シーンでの先鋭的役割は1960年代までであり、1970年代以降はもっぱらジャズの大衆化に寄与した。2008年12月29日、ロサンゼルス郊外の病院で死去。1972年にアルバム『ファースト・ライト』でグラミー賞(ベスト・ジャズ・パフォーマンス)を受賞している。[後藤雅洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハバードの関連キーワード結城寅寿ミシンネアンデルタール人原子元素バーバリー佐藤昌介広瀬淡窓と咸宜園ノーフォーク島の歴史浅井忠

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハバードの関連情報