コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハムダーン朝 ハムダーンちょうḤamdān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハムダーン朝
ハムダーンちょう
Ḥamdān

北イラクとシリアを支配したシーア派のイスラム王朝 (905~1004) 。建国者はアラブのタグリブ部族のアブー・アルハイジャー・アブドゥッラー。首府は最初モスルにおかれたが,サイフ・ウッダウラ (在位 944~967) がイフシード朝からアレッポを奪ったことにより,王国はモスル系 (905~991) とアレッポ系 (945~1004) の2王朝に分裂した。モスルの系統はアブー・タグリブ (在位 969~979) のとき同じシーア派のブワイフ朝に敗れ服属した。アレッポの系統はサイフ・ウッダウラが 947年小アジアに進出を開始したが,やがてビザンチン軍に圧迫された。2王朝の歴代の君主は文化の保護者としても知られ,詩人ムタナッビーはサイフ・ウッダウラの宮廷で創作活動を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハムダーンちょう【ハムダーン朝 Ḥamdān】

アラブのタグリブ族のハムダーン家が北メソポタミア(905‐991)とシリア北部(945‐1004)に建設したイスラム王朝。アブド・アッラーフ‘Abd Allāh(在位905‐929)がモースル総督に任命されたのに始まり,その息子ナーシル・アッダウラNāṣir al‐Dawla(在位929‐969)は大アミール(在任942‐943)としてアッバース朝の政界にも介入したが,979年,ブワイフ朝によって征服され,以後はその保護下に立ち,991年にウカイル朝マルワーン朝によって分割され滅びた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハムダーン朝
はむだーんちょう
amdn

上ユーフラテス、シリアを支配したアラブ系王朝(906~1004)。9世紀末にハワーリジュ派と連合して頭角を現した、始祖ハムダーンに由来した名。その子アブー・アルハイジャーの代には、逆にアッバース朝の側にたって、ハワーリジュ派攻撃に勲功をあげ、モスルの総督となった。次のナースィル・アッダウラ時代に独立政権を樹立、西方へ勢力を拡大し、945年には、サイフ・アッダウラ(在位916~967)がアレッポにも政権を開いた。サイフ・アッダウラは文人の保護者としても名高く、その下からは詩人のムタナッビーらが出た。しかし、東方ではブワイフ朝、北西からはビザンティン帝国、南方からはファーティマ朝に脅かされ、支配は短命なものに終わった。[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハムダーン朝の関連キーワードナーシル・ウッダウラ・アルハサンサイフ・アッダウラアブル・ファラジュアブー・フィラースアブド・アッラーフイブン・ラーイクイスバハーニー中東史(年表)ファーラービーイスラム文化ジャジーラハマー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android