ハリス(読み)はりす(英語表記)Townsend Harris

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリス(Townsend Harris)
はりす
Townsend Harris
(1804―1878)

幕末の駐日アメリカ外交官。1804年10月4日ニューヨーク州サンディ・ヒルに生まれ、中学校を終えると兄ジョンとともに陶磁器輸入商を営み、社会事業にも携わり、46年ニューヨーク市教育委員長に就任、無料中学校(後のニューヨーク市立大学(シティカレッジ))を設立した。49年5月東洋への航海に出、清(しん)国を中心に商業活動に従事、54年寧波(ニンポー)領事に任命されたがこれを不満とし、帰国して大統領ピアースに運動して、55年8月4日駐日総領事に任命され、書記官ヒュースケンを伴い翌56年8月21日(安政3年7月21日)下田(しもだ)に着任、9月3日(8月5日)柿崎(かきざき)の玉泉寺(ぎょくせんじ)に入った。下田奉行(ぶぎょう)井上清直・中村時万(ときつむ)との交渉により57年下田条約に調印、ついで大統領親書捧呈(ほうてい)と通商条約交渉のため同年11月23日(安政4年10月7日)下田を発して江戸に向かい、交渉を重ね、いったん下田に戻り、翌58年米船ポーハタン号で神奈川沖に進出、7月29日(安政5年6月19日)日米修好通商条約を締結した。59年春、休暇で中国に滞在中、弁理公使任命(1月19日付)を知り、6月(和暦5月)神奈川経由、江戸麻布(あざぶ)の善福寺に移った。61年11月14日解任、62年4月(文久2年3月28日)解任状を提出、同年5月13日(文久2年4月15日)帰国の途についた。下田時代看護婦として雇い3日で去らせたきちという女性がいて、のちに唐人お吉(きち)の伝説を生んだ。厳格なクリスチャンで酒・たばこを用いず、生涯独身であった。78年2月25日ニューヨークで死去した。著書に『The Complete Journal of Townsend Harris』New York, 1930(邦訳『日本滞在記』)があり、伝記にスタットラーの『下田物語』がある。[金井 圓]
『坂田精一訳『日本滞在記』全3冊(岩波文庫) ▽O・スタットラー著、金井圓訳『下田物語』全3冊(社会思想社・現代教養文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハリスの関連情報