コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿崎 かきざき

2件 の用語解説(柿崎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柿崎
かきざき

新潟県南西部,上越市北東部の旧町域。高田平野の北東端に位置し,日本海に面する。 1934年町制。 1955年下黒川村,黒岩村,黒川村の3村と合体。 2005年上越市に編入。中心集落の柿崎は中世,春日山城主上杉氏家臣,柿崎和泉守の居城地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柿崎
かきざき

新潟県南西部、中頸城(なかくびき)郡にあった旧町名(柿崎町(まち))。現在は、上越(じょうえつ)市の一地区。1934年(昭和9)町制施行。1955年(昭和30)黒川上流の下黒川、黒川、黒岩(くろいわ)の3か村と合併。2005年(平成17)安塚(やすづか)町、大潟(おおがた)町、吉川(よしかわ)町、板倉(いたくら)町、名立(なだち)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、中郷(なかごう)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに上越市に編入。旧町域は、日本海に面し、柿崎川が流れ、北の柏崎(かしわざき)市との境にある米山西麓(よねやませいろく)に位置する。高田平野の頸城砂丘の北端に位置し、旧北国(ほっこく)街道の宿場町として栄えた。現在もJR信越本線、国道8号が通じ、北陸自動車道の柿崎インターチェンジがある。交通の便に恵まれ、理研製鋼柿崎工場をはじめとする中小工場が多い。テニスコート施設は県下一を誇り、観光開発に力を注いでいる。海水浴場もあり、また米山登山の米山寺(べいさんじ)口にあたる。黒川上流は頸城杜氏(とうじ)の出身地として知られる。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柿崎の関連キーワード大潟〈町〉柿崎〈町〉新潟県上越市北方新潟県上越市北新保新潟県上越市北田中新潟県上越市北谷清里〈村〉新潟県上越市高田新田新潟県上越市南高田町新潟県上越市本城町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柿崎の関連情報