コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロン ハロン halon

翻訳|halon

6件 の用語解説(ハロンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロン
ハロン
halon

フロン (フッ素化炭化水素の日本における総称) のうち,臭素を含む炭化水素の総称。毒性は低く,化学的にきわめて安定で消火能が大きく,消火剤としてよく用いられる。その代表的なものはハロン 1301 ( CF3Br ) ,1211 ( CF2CIBr ) ,2402 ( C2F4Br2 ) である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ハロン(furlong)

1マイルの8分の1。約200メートル。競馬などで用いる。ファーロング。

ハロン(halon)

臭素を含むフロン。消火剤などに使われたが、オゾン層の破壊力がフロンよりも大きいため、現在は製造禁止。→フロン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

ハロン

距離の単位で、二〇〇m。正確な一ハロンは一マイルの八分の一なので約二〇一・二mだが、日本の競馬では一マイルを一六〇〇m、一ハロンを二〇〇mとして扱っている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ハロン【furlong】

競馬で用いられる距離の単位。一ハロンは八分の1マイルで、約201.168メートル。日本では200メートル。

ハロン【halon】

化合物中に臭素を含むフロン。消火剤として用いられたが、オゾン層破壊物資として使用が禁じられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハロンの関連キーワードアセチレン系炭化水素フッ素樹脂芳香族炭化水素フロンガス弗化水素不飽和炭化水素塩素化炭化水素フッ素中毒炭化水素の相関指数オキシ塩素化

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハロンの関連情報