コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消火設備 しょうかせつび

3件 の用語解説(消火設備の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

消火設備【しょうかせつび】

火災を鎮(しず)め延焼を防ぐための設備。消防法によってこれに関する基準などが定められている。種類としては,火災の初期に用いる各種の消火器,屋外・屋内の消火栓(せん),消火器で消火できなくなった火災に用いる動力消防ポンプスプリンクラー,水槽・バケツ・砂などの簡易消火用具があり,そのほか危険物など特殊可燃物の火災に用いられる水噴霧消火設備,泡(あわ)消火設備,不燃性ガス消火設備,蒸発性液体消火設備,粉末消火設備などがある。
→関連項目ドレンチャー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうかせつび【消火設備 extinguishment facilities】

建物の火災の消火,延焼防止に用いられる設備の総称。消防法により建物種類別,構造別,建物の大きさ別(延べ面積別),収容人数別にその設置が義務付けられている。 手動消火設備としては,消火器および簡易消火用具(水バケツ,乾燥砂など)のように,火災のごく初期において人の手で操作して消火作業を行う初期消火器具と,初期消火器具で消し止められる段階を越えて燃え広がったとき,消防隊が到着するまでの自衛消防を目的とした消火栓設備がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

消火設備
しょうかせつび

水あるいはその他の消火剤を用いて消火を行う機械器具および設備のこと。初期消火設備と消防隊使用設備に大別される。
 初期消火設備には、各種消火器および水バケツ、水槽、乾燥砂などの簡易消火用具や屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、泡消火設備、二酸化炭素消火設備、ハロゲン化物消火設備、粉末消火設備、屋外消火栓設備があり、消防隊使用設備には、連結送水管設備、連結散水設備がある。これらの設置個所には、定められた標識を設けなければならない。消火設備のなかでとくに重要な位置を占めているのは水を用いる設備である。水は普通どこにでもあって、安価で使用法が簡単なうえに、その冷却効果、窒息効果は他の薬剤よりはるかに優れており、使用法に注意すればもっとも優秀な消火剤となる。消火設備に関する規定は消防法施行令に掲げられている。[岸谷孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

消火設備の関連情報