コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハワイガン Branta sandvicensis; nene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハワイガン
Branta sandvicensis; nene

カモ目カモ科。全長 56~71cm。体は淡色の模様のある暗灰褐色で,頭部は黒く,顔から頸側に黒い縞の入った淡黄褐色の大きな斑がある。と脚は黒い。ハワイ島およびマウイ島にのみ生息していたが,マウイ島のものは絶滅し,ハワイ島でも非常に数が少ない。ハワイ島では標高 800m前後の溶岩地帯にすみ,わずかな草の根もとで営巣している。野生のものは一時 30羽ほどに減ったが,飼育繁殖した鳥を放すなどの保護によって,総個体数が数千羽まで回復した。国際保護鳥(→保護鳥)に指定されており,ヨーロッパ各地で飼養されて繁殖している。(→ガンカモ類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハワイガン
はわいがん
Hawaiian goose
[学]Branta sandvicensis

鳥綱カモ目カモ科の鳥。ハワイ諸島のハワイ島特産の小形ガンで、現地名のネネneneで広く知られる。全長70センチメートル。嘴(くちばし)は黒く小さく、足も黒色。頭頂から後頸(こうけい)はチョコレート褐色、そのほかは淡褐色で羽縁が淡色のため、鱗(うろこ)状の羽色をなす。マウナ・ロア山など標高1500~2400メートルの水のない溶岩流草地斜面にすむので、足の水かきは小さい。古くは狩猟により、のちにはネコ、イヌ、ブタ、ネズミ、マングースなど輸入動物に繁殖地を荒らされ、1940~50年にかけ、30羽ほどと思われるまでに激減し国際保護鳥となった。しかし1949年にハワイ島やイギリスそのほかでの人工繁殖が始まって成功し、1960年から1970年代にかけて計1400羽以上がハワイ島およびマウイ島に放鳥された。繁殖力が弱く個体群維持には不安があるが、人工繁殖により種の維持は確保されてきた。[黒田長久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハワイガンの関連キーワード世界のおもな動物園日本のおもな動物園ガン(雁)黒田長久絶滅動物動物園

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android