ハンガリー狂詩曲

  • Ungarische Rhapsodien
  • はんがりーきょうしきょく
  • ハンガリーきょうしきょく
  • ハンガリーきょうしきょく ‥キャウシキョク
  • ハンガリーきょうしきょく〔キヤウシキヨク〕

デジタル大辞泉の解説

《原題、〈ドイツ〉Ungarische Rhapsodienリストのピアノ曲集。全19曲。1846年頃から1885年にかけて作曲。ハンガリーの民族舞踊の旋律を採り入れている。自身がF=ドップラーとともに編曲した管弦楽版がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

F.リストのピアノ曲。《Rhapsodies hongroises》。19曲からなり,一部は管弦楽編曲版でも親しまれている。1839年ころから1885年に作曲。第2番や第6番が特に有名。→ラプソディ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リストがハンガリーの民族音楽の旋律に基づき1839年から85年にかけて作曲した一連のピアノ独奏曲。全部で19曲を数えるが、曲集として出版されたのはそのうちの15曲であり、「ペストの町の謝肉祭」や「ラコッツィ行進曲」などの有名な小品が含まれている。リストは幼年時代ハンガリーの片田舎(いなか)に住んでいたので、母国の民族音楽やロマ(かつてはジプシーとよばれた)の音楽に終生愛着をもち続け、緩やかな導入部と速いテンポの主部からなるチャールダーシュ舞曲の形式を多く用いて、独特なリズムをもつこれらの狂詩曲を書いた。なお、大部分は四手のピアノ連弾用、また管弦楽用に編曲され、彼の代表作として広く親しまれているが、第二番嬰(えい)ハ短調(1847)がもっとも有名である。

[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(原題Ungarische Rhapsodien) ピアノ曲。リスト作曲。一八三九年頃~八五年作。「ペストの町の謝肉祭」「ラコッツィ行進曲」など全一九曲よりなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android