コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーゲルシュタンゲ ハーゲルシュタンゲ Hagelstange, Rudolf

2件 の用語解説(ハーゲルシュタンゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーゲルシュタンゲ
ハーゲルシュタンゲ
Hagelstange, Rudolf

[生]1912.1.14. ノルトハウゼン
[没]1984.8.5. ハーナウ
西ドイツの詩人,小説家。ベルリン大学で学びジャーナリストとなる。第2次世界大戦に従軍,捕虜となった。来日したこともあり,そのアジア体験を小説『中年紳士の小春日和』 Altherrensommer (1969) に描いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハーゲルシュタンゲ
はーげるしゅたんげ
Rudolf Hagelstange
(1912―1984)

ドイツの叙情詩人。ノルトハウゼン生まれ。執筆は物語、小説、随筆、紀行文、翻訳、論説に及ぶ。第二次世界大戦中に書かれたナチス批判の『ベニス信条』(1945)が登竜門となり、『生き埋めにされた生のバラード』(1952)でその資質を確かなものにした。詩集として『歳月の歌』(1962)、『詩選集』(1978)、物語、小説として『神々のゲームボール』(1959)、『家』(1981)、『瓶の中の通信文』(1982)、『カリプソの友人』(1983)など。[久山秀貞]
『早崎守俊訳『遅すぎた夏』(1974・白水社) ▽Marcel Reich-Ranicki : Lauter Verrisse(1970,Germany)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハーゲルシュタンゲの関連キーワードソフトハウスベリングスハウゼン海レストハウスアスマンスハウゼンミュルハウゼンリゾートハウスゲストハウスATOMAエッティングスハウゼン効果ネルンスト‐エッティングスハウゼン効果ミュンヒハウゼン物語

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone