コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハーフィズ・イブラーヒーム Ḥāfiẓ Ibrāhīm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハーフィズ・イブラーヒーム
Ḥāfiẓ Ibrāhīm

[生]1871.2.4. ダイルート
[没]1932.7.21. カイロ
エジプトの詩人。フルネーム Muḥammad Ḥāfiẓ Ibrāhīm。「ナイルの詩人」と呼ばれ,その作品はエジプトの人々に広く愛唱されている。スーダンで軍に勤務。のちムハンマド・アブドゥフに師事し,当時の名士たちと知り合い,称賛詩や社会詩を多く書いた。1903年にはビクトル・ユゴーの『レ・ミゼラブル』をアラビア語に訳し,『サティフの夜』Lyālī Saṭiḥ(1908)では小説を試みている。ほかに日露戦争時の日本の看護師の活動に感銘を受けて発表した 40行詩『日本の娘たち』(1904)がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハーフィズ・イブラーヒーム

エジプトの詩人。上エジプトに生まれる。父はエジプトの技官,母はトルコ女性。ナイル川の船上で生まれたことから〈ナイルの詩人〉と呼ばれる。カイロの兵学校在学中に政治運動に参加,スーダンに左遷されるが,英軍指揮官に反抗し退役させられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ハーフィズ・イブラーヒーム
Ḥāfiz Ibrāhīm


1871 - 1932
エジプトの詩人。
エジプト生まれ。
カイロの兵学校時代に激しい政治運動を展開し、スーダンに左遷された。スーダンにおいても英国人指揮官に対する反抗により退役させられた。後、政治的、社会的内容の詩作活動を行い、後半生はダール・アルクトブ(図書館)に勤務。ナイルの船上で生まれたことから「ナイルの詩人」という尊称がある。著書「スティハの夜」(1906年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ハーフィズ・イブラーヒームの関連キーワードアフマッド・シャウキーハリール・マトラーンマトラーンマージニーフルネームシャウキー

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android