コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バトンルージュ バトンルージュBaton Rouge

1件 の用語解説(バトンルージュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バトンルージュ
Baton Rouge

アメリカ合衆国,ルイジアナ州の州都。ニューオーリンズの北西約 129km,ミシシッピ川下流東岸に位置し,外洋船舶の遡航終点にあたる。 1719年フランス人によってインディアン鎮圧のための砦が築かれたのが市の始りで,63年にはイギリス領,79年にはスペイン領となった。 1803年のルイジアナ買収によって合衆国領となったが,スペイン人はバトンルージュと西部フロリダの主権を主張。一時この地域にフロリダ共和国が成立したこともあったが,10年までに合衆国に吸収された。 49年には州都となった。工業は 1909年スタンダード石油会社が精油所を設立してから発展,以降油田,天然ガスなどの原料,海上輸送の便宜を求めて多くの化学工場が進出し,現在にいたっている。第2次世界大戦中は国内の合成ゴム生産の中心であった。ルイジアナ州立大学 (1860創立) やサザン大学 (1880創立) などがある。人口 22万9493(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バトンルージュの関連情報