コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バニャック諸島 バニャックしょとうKepulauan Banyak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バニャック諸島
バニャックしょとう
Kepulauan Banyak

インドネシアスマトラ島北西部のインド洋岸沖合い約 30kmに浮かぶ六十余の島群。アチェ州に属する。南にはスマトラウタラ州ニアス島がある。主食の米と芋類を栽培し,コプラを積み出す。面積 319km2

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

バニャック‐しょとう〔‐シヨタウ〕【バニャック諸島】

Kepulauan Banyak》インドネシア、スマトラ島北部西岸の沖合に浮かぶ諸島。主島大バニャック島をはじめ大小約70近くの島々からなる。中心地は大バニャック島北岸のアラバン。2004年と2005年に発生したスマトラ沖地震と津波により大きな被害を受けた。バニャク諸島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バニャック諸島の関連キーワードアラバン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android