コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヒアグラス

百科事典マイペディアの解説

バヒアグラス

中米から南米に分布するイネ科の多年生野草。主に米国で牧草として栽培化され,日本には1956年に導入された。放牧および蹄傷によく耐え,耐干性が強い。土壌浸食防止に有効であるが,初期生育が遅く草地として完成するには2〜3年を要する。霜や寒さに弱く温暖地の栽培に適する。日本では九州で越冬可能だが,品種によって寒害を受けるものもある。
→関連項目スズメノヒエ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バヒアグラス【Bahia grass】

家畜の飼料とするために,また土壌浸食防止のために,暖地で栽培されるイネ科の多年草。中央アメリカから南アメリカに分布し,日本には1956年に暖地向きの牧草として導入された。じょうぶな匍匐(ほふく)茎によってシバ状に生育し,穂が伸び出たときの草丈は50cmほどになる。穂は長さ5~7cm,多くの場合穂の基部から二叉(にさ)に分かれ,それぞれの軸の片側に小穂が2列に並ぶ。小穂には,楕円球状で長さ3~3.5mmの種子(穎果(えいか))が1個みのる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バヒアグラス
ばひあぐらす
bahia grass
[学]Paspalum notatum Flgge

イネ科の多年草。草丈は30~70センチメートル、穂の長さは5~7センチメートル。穂軸は基部から二又に分かれ、それぞれの軸の片側に小穂が2列に並ぶ。小穂は3ミリメートルほどの楕円(だえん)状球形で、1個の穎果(えいか)が実る。深く根を張り、じょうぶな走出枝によって芝状に育つ。南アメリカ原産で、日本には1956年(昭和31)に導入され、野生化もしている。飼料や土壌侵食防止のために暖地で栽培される。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android