コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バヒアグラス

3件 の用語解説(バヒアグラスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バヒアグラス

中米から南米に分布するイネ科の多年生野草。主に米国で牧草として栽培化され,日本には1956年に導入された。放牧および蹄傷によく耐え,耐干性が強い。土壌浸食防止に有効であるが,初期生育が遅く草地として完成するには2〜3年を要する。
→関連項目スズメノヒエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バヒアグラス【Bahia grass】

家畜の飼料とするために,また土壌浸食防止のために,暖地で栽培されるイネ科の多年草中央アメリカから南アメリカに分布し,日本には1956年に暖地向きの牧草として導入された。じょうぶな匍匐(ほふく)茎によってシバ状に生育し,穂が伸び出たときの草丈は50cmほどになる。穂は長さ5~7cm,多くの場合穂の基部から二叉(にさ)に分かれ,それぞれの軸の片側に小穂が2列に並ぶ。小穂には,楕円球状で長さ3~3.5mmの種子(穎果(えいか))が1個みのる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バヒアグラス
ばひあぐらす
bahia grass
[学]Paspalum notatum Flgge

イネ科の多年草。草丈は30~70センチメートル、穂の長さは5~7センチメートル。穂軸は基部から二又に分かれ、それぞれの軸の片側に小穂が2列に並ぶ。小穂は3ミリメートルほどの楕円(だえん)状球形で、1個の穎果(えいか)が実る。深く根を張り、じょうぶな走出枝によって芝状に育つ。南アメリカ原産で、日本には1956年(昭和31)に導入され、野生化もしている。飼料や土壌侵食防止のために暖地で栽培される。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone