バビルサ(英語表記)babirusa

翻訳|babirusa

世界大百科事典 第2版の解説

バビルサ【babirusa】

偶蹄目イノシシ科の哺乳類(イラスト)。ほおを突き抜けて上方にのびる特異なきばをもつ原始的なイノシシの1種。このきばは上あごの犬歯が湾曲して上方にのびたもので,長さ31cmにもなる。下あごのきばは短剣状。雌のきばは小さい。体長88~111cm,尾長28~32cm,肩高65~80cm,体重は100kgに達する。体型はイノシシに似るが,毛はふつうまばらにしかはえず,皮膚は亜種によって滑らかなものとしわのよるものとがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バビルサ
ばびるさ
babirusa
[学]Babyrusa babirusa

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目イノシシ科の動物。シカイノシシともいう。スラウェシ島、ブル島、スラ諸島などの森林内の沼地や、深い葦原(あしはら)などに、単独か小家族群ですむ。体長90~110センチメートル、体高65~80センチメートル、体重60~100キログラム。バビルサの特徴は、しわの多いほとんど裸出した皮膚と、成獣の雄の上頬(ほお)を突き抜けて弓状に曲がる犬歯である。上顎(じょうがく)犬歯の長さは、雄では31センチメートルに達する。幼時には褐色の毛を有するが、成長すると脱毛し、裸出した皮膚は灰色から灰褐色にみえる。木の葉、芽、果実などを食べ、朽ち木から幼虫を掘り出すこともあるが、一般のイノシシのように根を掘ろうとはしない。泥浴びや水浴を好む。妊娠期間5か月で、1産2子。子は体長15~20センチメートル、無地である。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

バビルサ

〘名〙 (babirusa 元来はマライ語) イノシシ科の哺乳類。体長九〇~一一〇センチメートル。体形はブタに似て、に特徴がある。雄の下あごの犬歯は口外へ延びて牙となり、上あごの犬歯が鼻すじの皮膚を貫通して顔面に出て、後方へそり返る。体毛は少なく全体に灰白色または暗灰色を帯びる。スラウェシセレベス)島およびその付近の島にのみ分布し、林や川土手にすみ、果実や昆虫を食べる。和名シカイノシシ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバビルサの言及

【きば(牙)】より

…ゾウの上顎の切歯はきわめて長大で3m以上,マンモスでは4.5mにも達するが,その用途はあまりはっきりしない。バビルサの雄の犬歯は上下とも細長く,上の1対は吻の皮膚を貫いて上に伸び,先端が後下方に曲がっていて,武器としては役だちそうもない。長さ2.8mにも達するイッカクの雄の左側のきばも同様に用途不明である。…

※「バビルサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android