コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バフィン[島] バフィン

2件 の用語解説(バフィン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バフィン[島]【バフィン】

カナダ北東部,北極海諸島中最大の島。東部は険しい山地,全般的には標高1000m内外の台地で,ツンドラにおおわれる。氷食を受け海岸はフィヨルドが多い。海岸沿いに少数のイヌイットが居住し,狩猟と漁業を行う。
→関連項目デービス海峡ハドソン海峡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バフィン[島]【Baffin Island】

カナダ,ノースウェスト・テリトリーズの大島。面積約47万6000km2(世界第5位)。北極海諸島のうち最大の島で,北アメリカ大陸グリーンランドの間にある。東側の山地には氷河・氷帽が発達し,海岸にはフィヨルドが多い。カナダ楯状地の一部で,古い地質からなる。ほぼ全域がツンドラである。先住民エスキモー(約2000人)のほか,白人の軍人・観測所員も定住している。最大集落はフロビッシャー・ベイ。1576‐78年にイギリスエリザベス時代の航海士M.フロビッシャーが南部を探検,1616年にはW.バフィンが北部を探検した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バフィン[島]の関連キーワードテリトリー制ウェスリーウェストン祭ウエストコーストノースウイスト島ウィンディ・ストリート運命のチェスボードゴースト・カントリーメリトリノース

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone