コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バブリオス バブリオスBabrios, Valerius

3件 の用語解説(バブリオスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バブリオス
Babrios, Valerius

2世紀頃在世のギリシアの寓話詩人。おそらくギリシア語に精通したローマ人と思われる。小アジアに住み,イソップ寓話を韻文に改め,新作も加えて『イソップ譚詩集』 Mȳthiamboi Aisōpeioi (10巻) を著わした。言葉は口語,韻律は庶民的な跛行イアンボスを用いた。2巻 143編が現存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バブリオス【Babrios】

ギリシアの寓話詩人。生没年,伝記は不詳。たぶんギリシア化したローマ人で,韻律と言語の分析から2世紀ごろの人と推定される。《イソップ物語》をコリアンボス調の詩文に直した。〈軽率な夫婦〉など幾編かの新しい寓話を付加したが自作かどうか明らかでない。作品は10巻から成っていたらしい。1843年にギリシア人M.メナスがアトス山ラウラ修道院で2巻本を発見,123編の作品を含み,アルファベット順に配列されているが,Oでとぎれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バブリオス
ばぶりおす
Valerius(?) Babrios

生没年不詳。紀元後100年ごろのギリシアの寓話(ぐうわ)詩人。名前からイタリア人と考えられる。小アジアに住み、143編からなる『イソップ寓話詩集』を残した。多くはイソップ物語からとったものであるが、逸話や短編小説風のものも含まれている。文体は平明で、散文にもっとも近い韻律(跛行(はこう)イアンボス)を用いている。一部の寓話のあとに散文で教訓が添えられているが、後代の偽作らしい。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバブリオスの言及

【イソップ物語】より

…伝存する最古の集成は《アウグスタナ》の名で知られる1世紀ころのもので,約230編から成る。次に古い集成は2世紀末のローマ人バブリオスがコリアンボス調の詩形に改作したもので,古代において人気を博した。本来10巻のうち2巻のみが現存する。…

※「バブリオス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone