コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バメンダ Bamenda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バメンダ
Bamenda

カメルーン西部の町。地方行政の行政庁所在地。ヤウンデ北西約 280km,火山性のバメンダ高地 (最高点 3008m) に位置。皮革,コーヒー,タバコなど農畜産物の集散地。風光美に恵まれ,西部の観光中心地でもある。博物館がある。人口 11万 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バメンダ
ばめんだ
Bamenda

アフリカ中部、カメルーン北西部の高地にある都市。英語圏カメルーン、北西部州の行政・経済・文化の中心をなす。人口31万6100(2001推計)、54万6361(2010推計)。交通の要衝にあたり、アフリカ横断道路が通る。市街地は盆地底に広がり、盆地を見下ろす東側の高台に行政地区がある。マンコン王宮とその博物館などの文化施設があり、籠(かご)やビーズ、木彫り、ブロンズ像づくりなど伝統的工芸が盛んである。カメルーンの第一野党、社会民主前線(SDF)の本拠地であるとともに、英語圏カメルーンの復活を主張する南カメルーン国民協議会(SCNC)の発祥地でもある。北東郊に私立バメンダ科学技術大学(1998年開校)がある。北北東45キロメートルには、鳥類固有種の多いことで知られるカメルーン第二の高峰オク山(3008メートル)がある。[門村 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android