コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バメンダ バメンダ Bamenda

3件 の用語解説(バメンダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バメンダ
バメンダ
Bamenda

カメルーン西部の町。地方行政の行政庁所在地ヤウンデ北西約 280km,火山性のバメンダ高地 (最高点 3008m) に位置。皮革,コーヒータバコなど農畜産物の集散地。風光美に恵まれ,西部の観光中心地でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バメンダ(Bamenda)

カメルーン西部の都市。英語圏カメルーンの中心地。標高約1600メートルの高原に位置する。首都ヤウンデ港湾都市ドゥアラ幹線道路結ばれる交通の要地。ビーズ籠(かご)などの伝統工芸が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バメンダ
ばめんだ
Bamenda

アフリカ中部、カメルーン北西部の高地にある都市。英語圏カメルーン、北西部州の行政・経済・文化の中心をなす。人口31万6100(2001推計)、54万6361(2010推計)。交通の要衝にあたり、アフリカ横断道路が通る。市街地は盆地底に広がり、盆地を見下ろす東側の高台に行政地区がある。マンコン王宮とその博物館などの文化施設があり、籠(かご)やビーズ、木彫り、ブロンズ像づくりなど伝統的工芸が盛んである。カメルーンの第一野党、社会民主前線(SDF)の本拠地であるとともに、英語圏カメルーンの復活を主張する南カメルーン国民協議会(SCNC)の発祥地でもある。北東郊に私立バメンダ科学技術大学(1998年開校)がある。北北東45キロメートルには、鳥類固有種の多いことで知られるカメルーン第二の高峰オク山(3008メートル)がある。[門村 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バメンダの関連キーワード官治行政地方行政ブエア地方行政官地方行政官庁地方行政機関指定地方行政機関カメルーン火山列ブアル地方行政監察局

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone