コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラッシ Balassi(Balassa) Bálint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バラッシ
Balassi(Balassa) Bálint

[生]1554.10.20. ゾーヨム
[没]1594.5.30. エステルゴム
ハンガリーの詩人。軍人として各地を転々とし,オスマン帝国との戦争に参加して負傷,3年後に死亡するという波乱に富んだ生涯をおくった。ハンガリー語による最初で最大の抒情詩人。バラッシー詩節と名づけられる独自の詩型を生み出し,韻文技巧家としても抜きん出ていた。恋愛をうたった抒情詩にすぐれた作品があり,連作詩『アンナに捧げる詩』 Anna-ciklus (1578~83) ,『ユーリアに捧げる詩』 Júlia-ciklus (88~89) などが有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バラッシ【Balassi Bálint】

1554‐94
ハンガリーの詩人。貴族の出で,トルコとの戦いに一生を捧げ,武勲を立てたりしたが,訴訟事件に巻き込まれるなど,波瀾に富んだ生涯を送った。その作品は民衆詩のモティーフを用いているが,人文主義の教養に裏打ちされ,芸術作品の域に達している。《アンナ・ユリア》シリーズをはじめ,恋愛詩に優れている。他に宗教詩,戦いの詩も残っている。ハンガリーの詩型を生み出し,抒情詩の祖といわれている。【岩崎 悦子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バラッシ
ばらっし
Balassi Blint
(1554―1594)

ハンガリーの詩人。富裕な貴族の家に生まれたが、父のウィーン宮廷との対立により不遇となった。トルコ戦争での勇敢な戦士だったが、訴訟事件を繰り返し、ポーランドでの亡命生活を余儀なくされるなど、波瀾(はらん)の多い生涯を送った。作品の大部分は恋愛詩で、ハンガリー・ルネサンス期に独創的な叙情詩を創造し、形式においても独自な詩型を生み出し、ハンガリー詩の発展に貢献した。アンナ・ユリア・に寄せた一連の詩がとくに美しい。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバラッシの言及

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

※「バラッシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バラッシの関連キーワードハード・ソルジャー/炎の奪還キューブ ゼロハンガリー文学10月20日ザンバラ刀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バラッシの関連情報