コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルハシ バルハシ Balkhash

3件 の用語解説(バルハシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルハシ
バルハシ
Balkhash

カザフスタン中部,ジェズカズガン州の都市。バルハシ湖中部北岸に位置する。 1937年北のコウンラツキー銅山のための銅精錬所が建設され,それに伴って町がつくられた。ほかに水産物缶詰,建設資材などの工場が立地する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バルハシ【Balkhash】

中央アジア,カザフスタン共和国南東部,ジェズカズガン州の都市。バルハシ湖北岸にあり,モインティから鉄道支線が通じる。人口8万7600(1991)。1937年,コウンラドなどの銅鉱石を利用する精銅コンビナートが建設されて以後急速に発展,同年バルハシと命名された。ほかに魚類加工工場などもある。カラガンダ工業大学定時制,カザフスタン科学アカデミー植物園などがある。【木村 英亮】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルハシ
ばるはし
Балхаш Balhash

中央アジア、カザフスタン共和国カラガンダ州の都市。Balkhash,Balqasとも表記する。バルハシ湖の北岸に臨む港町。人口6万5400(1999)。1928年に銅精錬所ができて以来、有色冶金(やきん)の大中心地となった。とくにバルハシ精銅コンビナートの発達が著しい。バルハシ湖の水は工業用にも利用されている。カザフスタン共和国科学アカデミー植物園がある。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バルハシの関連キーワードカザフカザフ語キルギス語シルダリアトルキスタンアクモラカザフ族カラカルパクスタン[自治共和国]ベトパク・ダラカザフ種 (Kazakh)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone