コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルハシ Balkhash

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バルハシ
Balkhash

カザフスタン中部,ジェズカズガン州の都市。バルハシ湖中部北岸に位置する。 1937年北のコウンラツキー銅山のための銅精錬所が建設され,それに伴って町がつくられた。ほかに水産物缶詰,建設資材などの工場が立地する。カザフスタン科学アカデミーの植物園がある。カラガンダと鉄道,ハイウェーで連絡。人口8万 7600 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルハシ【Balkhash】

中央アジア,カザフスタン共和国南東部,ジェズカズガン州の都市。バルハシ湖北岸にあり,モインティから鉄道支線が通じる。人口8万7600(1991)。1937年,コウンラドなどの銅鉱石を利用する精銅コンビナートが建設されて以後急速に発展,同年バルハシと命名された。ほかに魚類加工工場などもある。カラガンダ工業大学定時制,カザフスタン科学アカデミー植物園などがある。【木村 英亮】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルハシ
ばるはし
Балхаш Balhash

中央アジア、カザフスタン共和国カラガンダ州の都市。Balkhash,Balqasとも表記する。バルハシ湖の北岸に臨む港町。人口6万5400(1999)。1928年に銅精錬所ができて以来、有色冶金(やきん)の大中心地となった。とくにバルハシ精銅コンビナートの発達が著しい。バルハシ湖の水は工業用にも利用されている。カザフスタン共和国科学アカデミー植物園がある。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バルハシの関連キーワードテンシャン(天山)山脈タルドゥイクルガン州タルドゥイクルガンキルギス・ステップタルバガタイ山脈ベトパク・ダラベトパク・ダラカザフ(民族)サバクヤマネチョチェク市ベトパクダラアルマトイ州ペチェネグ半乾燥地帯カザフ丘陵セミレチエアラコリ湖イリ[川]イリ盆地内陸湖

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android