コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンパー バンパー bumper

翻訳|bumper

3件 の用語解説(バンパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バンパー(bumper)

自動車などの緩衝装置。車体の前後に付ける保護レールや、車台・車軸間に入れるゴムなど。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バンパー【bumper】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンパー
ばんぱー
bumper

自動車の前後端、あるいは両側面に備え、衝突時に車体、乗員、積み荷を保護し、相手に与える損傷を小さくするための緩衝器のこと。ただし、日本の「道路運送車両の保安基準」(昭和26年運輸省令)では、緩衝装置はサスペンションをさすので、混同しないよう注意が必要である。日本の「道路運送車両の保安基準」は、普通トラックの両側面は歩行者が後輪に巻き込まれるおそれの少ない構造でなければならないし、後面は他の自動車が追突した場合に、追突した自動車の車台前部に突入するおそれのないものであること、と要求している。すなわち大型トラックのサイドバンパーと後部バンパーを要求しているだけで、乗用車、小型商用車、バスなどにはバンパーを要求していない。しかし、安全上重要な部分なので、各車とも備えており、とくに乗用車にあっては、最大の輸出先であるアメリカの安全規準にあわせている車が少なくない。アメリカの現在のバンパー・スタンダードは、縦方向に時速2.5マイル(約4キロメートル/時)、コーナー方向に時速1.5マイル(約2.4キロメートル/時)で固定障壁に衝突させても、ボディー外板に損傷のないことを要求している。構造的には鉄板プレス製が主だが、最近では外面をウレタンで覆ったものや、一部に合成ゴムクッションをつけたものも少なくない。またデザイン上、空気力学的なエアダム(ボディー下面へ流入する気流を抑制して浮き上がりを防ぐ)と一体化されたものも増えつつある。[高島鎮雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンパーの関連キーワード緩衝器降着装置エアクッション緩衝装置車幅フェンダーエアダムスカートグリルガードフロントバンパーリアバンパー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンパーの関連情報