コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーコフ バーコフ Birkhoff, George David

4件 の用語解説(バーコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーコフ
バーコフ
Birkhoff, George David

[生]1884.3.21. ミシシッピオベライセル
[没]1944.11.12. マサチューセッツケンブリッジ
アメリカの数学者。シカゴ大学ハーバード大学に学んだ。ウィスコンシン大学 (1907~09) ,プリンストン大学 (09~12) で教え,さらにハーバード大学に移って終生その職にあった。業績は非常に広範囲にわたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

バーコフ【George David Birkhoff】

1884‐1944
アメリカの数学者。シカゴ大学およびハーバード大学に学んだ。1912年以降はハーバードで教え,19年からは教授をつとめる。微分方程式および天体力学に関するH.ポアンカレの業績を継承して,それを力学系の理論に体系化し発展させた。制限3体問題に応用するためにポアンカレが予想した円環に対する不動点定理を証明したことと,個別エルゴード定理を確立したことはとくに有名である。主著に《力学系Dynamical systems》(1927)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バーコフ【George David Birkhoff】

1884~1944) アメリカの数学者。ポアンカレの微分方程式・天体力学における業績を発展させ、力学系の理論として体系化。個別エルゴード定理の確立、相対論・量子論に関する考察でも著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーコフ
ばーこふ
George David Birkoff
(1884―1944)

アメリカの数学者。ハーバード大学およびシカゴ大学に学び、のちプリンストン大学教授、ついでハーバード大学教授となった。19世紀の終わりごろから、ポアンカレ、ついでリャプノフАлександр Михайлович Ляпунов/Aleksandr Mihaylovich Lyapunov(1857―1918)らが定性的・位相的な方法を導入して大きな発展をみた微分方程式論であるが、バーコフもこれを研究し、定性的・位相的方法を受け継ぎ、ポアンカレの未完の定理も証明して、1912年には力学系の理論をつくりだしてこの分野に大きな貢献をした。
 そのほか、1931年に示した「エルゴード定理」の成立条件も、優れた開拓的業績として知られている。これは統計力学の基礎づけに大きく寄与したものである。[藤村 淳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーコフの言及

【エルゴード理論】より

…これはまた,ある意味では,孤立系がひとりでに熱平衡に達することを力学法則から証明することにもなる。 G.D.バーコフのエルゴード理論では,無限に長い時間にわたるfの時間平均をもってであるとしている。これは物理学の立場からすると,不満足な後退だが,数学的にすっきりした問題設定になる。…

【関数解析学】より

…(4)の解は連続関数x(t)に連続関数を対応させる作用素の不動点である。この考えによりG.D.バーコフとケロッグO.D.Kellog(1878‐1932)は,微分方程式の解の存在を,バナッハ空間における(必ずしも線形でない)完全連続作用素の不動点定理として証明した。このような考え方は,シャウダーJ.P.Schauder(1899‐1943),ルレーJ.Leray(1906‐ )らによって,偏微分方程式の解の存在証明にも拡張された。…

【不動点定理】より

…とくに,レフシェッツは有限多面体からそれ自身への連続写像fに対し,ホモロジー群を用いて今日レフシェッツ数と呼ばれている整数を定義し,これがfの不動点の代数的個数と一致すること,したがってfのレフシェッツ数が0でなければfは不動点をもつことを示した。これら以外に,解析的な条件を考えた場合の不動点定理が,古くはG.D.バーコフによって(1913),また最近ではM.F.アティヤーとR.ボットの合作によって(1966)得られている。 不動点定理は数学における各種の存在定理の証明に強力な方法を提供する。…

※「バーコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーコフの関連キーワードアメリカの学者サウアーサミュエルソンハーツホーン広中平祐ブルームフィールドホイットルセーチャーンアメリカの影シカゴ大学オリエント研究所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーコフの関連情報