コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バースカラ Bhāskara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バースカラ
Bhāskara

[生]750頃
[没]800頃
インドの思想家。ベーダーンタ学派に属し,不一不異説の立場から『ブラフマ・スートラ』を注解し,宇宙の原理であるブラフマンも現象世界もともに実在であることを主張した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バースカラ【Bhāskara】

古代インド,8世紀後半の哲学者。生没年不詳。インド哲学の主流ベーダーンタ学派に属し,シャンカラの解釈や哲学説に対して批判的な学者の急先鋒であった。彼はシャンカラの死後,または同時代に活躍し,ベーダーンタ学派の伝統的立場である不一不異説に立脚して《ブラフマ・スートラ》と《バガバッドギーター》に対して注解を書き,シャンカラの幻影主義的不二一元論を攻撃し,実在論の立場に立って,多様な現象界の実在性を認め,ブラフマンと個我との関係を火と火花の関係に比した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バースカラの関連キーワードブハースカラインド科学永久機関

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android