バート・ゴーデスベルク(読み)ばーとごーですべるく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バート・ゴーデスベルク
ばーとごーですべるく
Bad Godesberg

ドイツ西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の鉱泉保養地。旧西ドイツの首都ボンの南部を占める郊外住宅地域で、官公庁街、大使館街ともなっている。略称ゴーデスベルク。ボンが首都に決まった1949年以来、多数の政府機関、日本などの各国大使館が設けられ、政府職員の住宅が増加した。西方にはコッテン森林地区が控え、ライン川河畔の遊歩道からは対岸にジーベンゲビルゲ山地が仰がれ、景勝の地である。
 古くはローマ道がここを通り、1210年にケルン選帝侯によって築かれたゴーデスベルク城の岩山がそびえる。麓(ふもと)の村落では断層線に沿って鉱泉が湧(わ)き、1791年以来湯治に、1926年以来給水に用いられている。やがて邸宅地に発達し、1968年にボンに合併された。1938年のヒトラーとイギリス首相チェンバレンによるゴーデスベルク会談の開催地。[齋藤光格]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバート・ゴーデスベルクの言及

【ボン】より

…ライン川が市を縦貫し,市域の4分の3はその左岸が占める。ドイツ分割後に西ドイツの首都となり,1969年旧ボン市はバート・ゴーデスベルクBad Godesberg市,ボイエルほか8村を合併し,大ボン市となったが,90年10月のドイツ再統一にあたって首都の座をベルリンにゆずった。ドイツ分割の結果によってつくられた政治都市・管理都市であり,産業・商業都市の機能は小さい。…

※「バート・ゴーデスベルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android