パイロファン石(読み)ぱいろふぁんせき(英語表記)pyrophanite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイロファン石
ぱいろふぁんせき
pyrophanite

マンガンとチタンの複酸化鉱物。チタン鉄鉱マンガン置換体に相当する。おもに接触変成を受けた珪酸(けいさん)マンガン鉱石の少量成分として産し、ときに六角板状の自形微結晶をなす。世界的には少ないが、日本には産出例が多く、岩手県九戸(くのへ)郡野田村野田玉川鉱山、栃木県粟野(あわの)町(現、鹿沼(かぬま)市)日瓢(にっぴょう)鉱山、愛知県設楽(したら)町田口鉱山などでは肉眼で確認できる自形結晶がみられた。また霞石閃長(かすみいしせんちょう)岩質ペグマタイト中にも産する。英名pyrophaniteはギリシア語のpyro(火)、phainesthai(~に見える)に由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android