パイロファン石(読み)ぱいろふぁんせき(英語表記)pyrophanite

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パイロファン石
ぱいろふぁんせき
pyrophanite

マンガンとチタンの複酸化鉱物。チタン鉄鉱マンガン置換体に相当する。おもに接触変成を受けた珪酸(けいさん)マンガン鉱石の少量成分として産し、ときに六角板状の自形微結晶をなす。世界的には少ないが、日本には産出例が多く、岩手県九戸(くのへ)郡野田村野田玉川鉱山(閉山)、栃木県粟野(あわの)町(現、鹿沼(かぬま)市)日瓢(にっぴょう)鉱山、愛知県設楽(したら)町田口鉱山(閉山)などでは肉眼で確認できる自形結晶がみられた。また霞石閃長(かすみいしせんちょう)岩質ペグマタイト中にも産する。英名pyrophaniteはギリシア語のpyro(火)、phainesthai(~に見える)に由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android