コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パス・エステンソロ パス・エステンソロ Paz Estenssoro, Víctor

3件 の用語解説(パス・エステンソロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パス・エステンソロ
パス・エステンソロ
Paz Estenssoro, Víctor

[生]1907.10.2. タリハ
[没]2001.6.7. タリハ
ボリビア弁護士,政治家。ラパスのサンアンドレス大学で教鞭をとったのち,1941年新政党「民族革命運動」を創立した。 45年 G.ビジャロエル政権の蔵相となったが,翌年同政権崩壊後ブエノスアイレスへ亡命。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

パス・エステンソロ

ボリビアの政治家。大学教授,弁護士を経て,1940年国会議員。1941年民族主義的革命運動(MNR)の創立に参加。アルゼンチンに亡命したまま軍事政権打倒のクーデタを指導して成功させ,1952年―1956年MNR革命政権の大統領として,スズ鉱山国有化,農地改革,軍の解体,非識字者も含めた普通選挙権法などの急進的な変革を実施。
→関連項目ボリビアレチン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パス・エステンソロ
ぱすえすてんそろ
Vctor Paz Estenssoro
(1907―2001)

ボリビアの政治家。南部のタリハ市出身。ラ・パスのサン・アンドレス大学の経済学教授から政治家となり、1941年に革新政党である国民革命運動(MNR)の創設に参加した。1943年にビジャロエル政権の財務大臣となり、1946年に同政権が崩壊するやアルゼンチンに亡命。1952年の革命でMNRが政権につくと帰国して大統領に就任し、在任中(1952~1956、1960~1964)に、錫(すず)鉱山の国有化、農地改革、非識字者への選挙権付与などの革命的改革を行った。1964年3選されるが、2期目の時期の右傾化政策や政権の腐敗などがもとで起きた軍事クーデターにより同年失脚。その後長期にわたる亡命から帰国し、1985年の選挙で奇跡の復活を遂げ同年8月4度目の大統領に就任した。1989年退任。[加茂雄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パス・エステンソロの関連キーワード関直彦ガリボリビア馬英九トリビア乾政彦柏田忠一砂川雄峻本田恒之パス・エステンソロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone