コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パス・エステンソロ Paz Estenssoro, Víctor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パス・エステンソロ
Paz Estenssoro, Víctor

[生]1907.10.2. タリハ
[没]2001.6.7. タリハ
ボリビアの弁護士,政治家。ラパスのサンアンドレス大学で教鞭をとったのち,1941年新政党「民族革命運動」を創立した。 45年 G.ビジャロエル政権の蔵相となったが,翌年同政権崩壊後ブエノスアイレスへ亡命。 51年の選挙で民族革命運動から推されて勝ち,52~56大統領に就任。「ボリビア革命」と呼ばれる経済社会改革を実施し,三大スズ鉱山の国有化などを行なった。 56~60年はイギリス駐在大使をつとめ,60年の大統領選挙で再選,64年3選されたが,同年 11月 R.バリエントス・オルトゥニョ副大統領の軍事クーデターで打倒され,ペルーに亡命。 71年8月 H.バンセル・スアレス政権に協力のため帰国したが,74年1月再び国外に追放された。 85~89年大統領として4期目をつとめ,きびしい緊縮政策でインフレを鎮静させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

パス・エステンソロ

ボリビアの政治家。大学教授,弁護士を経て,1940年国会議員。1941年民族主義的革命運動(MNR)の創立に参加。アルゼンチンに亡命したまま軍事政権打倒のクーデタを指導して成功させ,1952年―1956年MNR革命政権の大統領として,スズ鉱山国有化,農地改革,軍の解体,非識字者も含めた普通選挙権法などの急進的な変革を実施。
→関連項目ボリビアレチン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パス・エステンソロ
ぱすえすてんそろ
Vctor Paz Estenssoro
(1907―2001)

ボリビアの政治家。南部のタリハ市出身。ラ・パスのサン・アンドレス大学の経済学教授から政治家となり、1941年に革新政党である国民革命運動(MNR)の創設に参加した。1943年にビジャロエル政権の財務大臣となり、1946年に同政権が崩壊するやアルゼンチンに亡命。1952年の革命でMNRが政権につくと帰国して大統領に就任し、在任中(1952~1956、1960~1964)に、錫(すず)鉱山の国有化、農地改革、非識字者への選挙権付与などの革命的改革を行った。1964年3選されるが、2期目の時期の右傾化政策や政権の腐敗などがもとで起きた軍事クーデターにより同年失脚。その後長期にわたる亡命から帰国し、1985年の選挙で奇跡の復活を遂げ同年8月4度目の大統領に就任した。1989年退任。[加茂雄三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パス・エステンソロの関連キーワードバリエントス・イ・オルトゥニョ民族革命運動[ボリビア]民族民主行動[ボリビア]革命左翼運動[ボリビア]エステンソロボリビア史10月2日ラパス