コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パタニ王国 パタニおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

パタニおうこく【パタニ王国】

14世紀後半から1785年までマレー半島中南部の東岸,現在のタイのパタニPatani(Pattani)を中心として存在した王国。この地域は古くからインド方面と中国方面とのあいだの国際交通路の中継地点として重要であったが,パタニ王国が成立したのは,1351年に成立したタイのアユタヤ朝の勢力がマレー半島に伸張したためであると考えられる。王国の成立とほぼ同時にイスラムが伝えられた結果,マレー半島で最も古いイスラム国家の一つとなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

パタニ王国の関連キーワードプラサット・トン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android