コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パパンドレウ Papandreou, Georgios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パパンドレウ
Papandreou, Georgios

[生]1888.2.13. カレンツィ
[没]1968.11.1. アテネ
ギリシアの政治家。アテネ大学卒業後,ベルリン大学に学んだ。 1923年国会議員となり,30~32年教育相をつとめる。 35年社会民主党を結成し流罪となる。第2次世界大戦中,ドイツ軍の占領中に短期間投獄されるが脱獄,44年 10月カイロ亡命政権の首相に就任。ドイツ軍撤退後アテネに戻り,共産勢力と激しい争いを展開,12月左右対立のなかで辞任。 46年無任所相,47年内相,50~51年副首相。 61年社会民主党と自由党を合同して中道左派の中央同盟を結成,63年 11月の総選挙で第一党となり首相に就任。 64年2月の総選挙では絶対多数を制して再び首相に就任したが,65年国防軍の統制をめぐって国王コンスタンティノス2世と対立,辞任した。 67年4月の軍のクーデターで逮捕され,釈放後まもなく死去。

パパンドレウ
Papandreou, Andreas

[生]1919.2.5. ヒオス
[没]1996.6.23. アテネ近郊エカリ
ギリシアの政治家,教育者。首相(在任 1981~89,1993~96)。ゲオルギオス・パパンドレウの息子。アテネ大学で法律を学んだのち渡米。1943年ハーバード大学で博士号を取得。1955~63年ハーバード大学,ミネソタ大学,カリフォルニア大学バークレー校で教鞭をとった。1963年,父の首相就任をうけて帰国,ギリシア議会議員に当選した。1967年に軍事クーデター(→ギリシア・クーデター)が起こると亡命。1974年にギリシア軍事政権が倒れたのち帰国,左派政党全ギリシア社会主義運動 PASOKを設立。着実に支持者を増やし,1981年の選挙で圧倒的な勝利を収めて首相となった。選挙活動中は準社会主義的な内政改革を主張したが,就任後は中道寄りに転換した。パパンドレウ政権が実施した手厚い社会保障は,巨額の公的借入によって可能となったものだった。PASOKは 1985年の選挙でも圧勝したが,2期目終盤に収賄スキャンダルが発覚すると政権は弱体化した。1989年6月,PASOKが選挙で敗北し首相を辞任。しかし引き続き党首を務め,1993年10月の総選挙で首相に返り咲いた。1996年1月,病気のため辞任した。(→ギリシア史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パパンドレウの関連キーワードパパンドレウ(Andreas G. Papandreou)パパンドレウ(Georgios Papandreou)ギリシャ経済危機(2015年)ルーカス パパディモスギリシャ経済と緊縮策ギリシア史[近代]ギリシャ財政危機ギリシア内乱ミツォタキスバルキザ協定シミティス2月5日社会党