パラペット

デジタル大辞泉の解説

パラペット(parapet)

建物の屋上、テラスのへり、橋梁の両側などに設け、人の落下を防ぐ手すり・勾欄(こうらん)。
城郭などに設けた防御用胸壁(きょうへき)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

パラペット【parapet】

建築・築城用語で,建造物上面ないし先端を保護するために設けられた比較的低い障壁をいう。パラ(防備する)とペット(胸)の合成語としてラテン語から派生。原義は胸の高さの防壁であり,転じて屋上,吹抜廊下,露台,橋梁,埠頭などの上端の縁に設けられた保護壁,手摺壁,欄干,および西洋式城塞の囲郭ないし塔の上につくられた防御壁を意味する。【日高 健一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

パラペット【parapet】

屋上や、ベランダ・橋梁・埠頭ふとうなどの端部に設けられた低い手すり壁。構造物の先端を保護するためのもの。胸壁。扶壁ふへき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

パラペット

〘名〙 (parapetto) 屋上、ベランダ、橋などの手すり、欄干。
※東京朝日新聞‐明治四一年(1908)九月三〇日「軒高は地盤線より二階建軒パラペット迄五十五尺、平家建同二十八尺」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のパラペットの言及

【屋根】より

…こうした屋根形式を発展させる一方で,西洋建築には屋根を視覚的に隠してしまう形式も多い。傾斜の緩い屋根は,壁面を軒より高くパラペットとして立ち上げてしまうことによって見えなくなる。それによって壁面は長方形のファサードとして整然と構成される。…

※「パラペット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パラペットの関連情報