コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パラメデス Palamēdēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パラメデス
Palamēdēs

ギリシア神話の人物。ナウプリオスの子で,ケンタウロスケイロンに育てられて名高い知恵者となり,文字や数,貨幣,いくつかの遊技などを発明したとされる。トロイ戦争では従兄弟にあたるアガメムノンメネラオスのために熱心に尽力し,さまざまな貢献をしたが,遠征が企画されたとき狂気を装って参加の義務を免れようとしたオデュッセウスの嘘を見破り,参戦を強制したことからその恨みを買って悪巧みにかかり,トロイ方に内通したという冤罪を着せられ,石打ちの刑に処され殺されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パラメデス【Palamēdēs】

ギリシア伝説で,トロイア戦争の際のギリシア側の知将。ミュケナイ王アガメムノンがギリシア各地に檄(げき)を飛ばして王侯のトロイア遠征参加を求めたとき,パラメデスは,狂気を装って出征を逃れようとしたオデュッセウスの欺瞞をあばき,新妻との間に1子をもうけたばかりの彼に参戦を承諾させた。これを恨んだオデュッセウスが,トロイアへ来てのち,敵王プリアモスから内通を呼びかける偽の書状と多量の金銀をあらかじめパラメデスの幕舎内に隠しておいてから彼を裏切り者と訴えたため,パラメデスはギリシア軍に石をもって打ち殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パラメデス
ぱらめです
Palamedes

ギリシア神話の英雄。オデュッセウスと並ぶ知恵者で、知勇兼備の大将としてトロヤに遠征するが、オデュッセウスの計略にかかって殺される。これはオデュッセウスの復讐(ふくしゅう)であった。
 パラメデスはアガメムノンの使者として、オデュッセウスにトロヤ遠征への参加を求めたが、結婚まもないうえに男児テレマコスにも恵まれていたオデュッセウスは、出征を嫌ってパラメデスの面前で狂人を装う。しかし真相を察したパラメデスは、テレマコスに危害を与えるように見せかけて、その偽りの狂気を見破った。やむなくオデュッセウスはトロヤ戦争に参加することになったが、パラメデスを深く恨んだ彼は報復の機をうかがうことになる。トロヤ上陸後、オデュッセウスは、パラメデスが敵と内応していると巧妙に諸将を信じ込ませ、彼を裏切者として投石で打ち殺させてしまう。彼の父ナウプリオスは、この仕打ちを怒り、息子の償いを諸将に求めたが拒否されたので、ギリシア各地を回って遠征の諸将の妻たちが姦通(かんつう)するように仕組んだという。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のパラメデスの言及

【ツル(鶴)】より

…また,見張りの鶴は眠りこまないように片足で立ったり石を食わえたりするとの彼の記述から,後世では職務への忠誠を表す鳥ともみなされるようになった。 ギリシア神話には,χをはじめ数種のギリシア文字を発明したパラメデスが,列をつくって飛ぶ鶴の群れから文字の形を思いついたという話がある。またホメロスの《イーリアス》やアリストテレスの《動物誌》に,ナイル川上流に渡ってくる鶴が,同地に住んだピュグマイオイ(ピグミー)と毎年土地争いを行い,この小人族を大量に殺すとあるが,後世の伝説では鶴をピュグマイオイの天敵とし,この鳥が彼らを滅ぼしたという話にもなっている。…

※「パラメデス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パラメデスの関連キーワードギリシア神話ゴルギアスフォンデル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android