パリアラーニ(英語表記)Pagliarani, Elio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリアラーニ
Pagliarani, Elio

[生]1927.5.25. ビゼルバ
イタリアの詩人,評論家。パドバ大学で政治学を修め,一時,中学校教師などをつとめた。平易な用語を組合せて,現代社会への風刺を,実験的図形詩のなかに描き出す。詩選集『最新人』I novissimi (1961) の寄稿者の一人であり,新前衛派の重要な一員。主著『私有財産目録』 Inventario privato (59) ,『少女カルラ,その他』 La ragazza Carla e altre poesie (62) ,『肉体と糞尿の教程』 Lezione di fisica e fecaloro (68) ,『観客のため息』 Il fiato dello spettatore (72) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリアラーニ
ぱりあらーに
Elio Pagliarani
(1927―2012)

イタリアの詩人、批評家。パドバ大学を卒業後、ミラノで教師となる。『年代記その他の詩』(1954)でデビュー。若い前衛詩人のアンソロジー『最新人』(1961)に加わり、1950年代文学に反旗を翻した運動「63年グループ」の一員として活動し、『実験詩のマニュアル』(1966)を編纂(へんさん)した。文学的「コラージュ」を通して言語を操作するその代表的な詩集は『少女カルラその他の詩』(1962)、『物理学の授業とフェカローロ』(1968)である。1970年代には散文詩に力を注ぎ、また劇評集『観客の呼吸』(1972)などがある。[古賀弘人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android