コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルスオキシメーター pulse oximeter

デジタル大辞泉の解説

パルス‐オキシメーター(pulse oximeter)

指先などにクリップ状の器具を装着し、動脈血酸素飽和度(血液中の酸素濃度)を計測する医療機器。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パルスオキシメーター
ぱるすおきしめーたー
pulse oximeter

血液に含まれる酸素飽和度を測定する装置の一つ。指先などに装着した光を感知する器具により、心拍動(パルス)に伴って変動する吸光度を利用する。波長の異なる2種類の光(赤外光と赤色光)を当てると、酸素と結合している酸化型のヘモグロビンは赤外光を吸収し、酸素と結合していない還元型ヘモグロビンは赤色光を吸収する。この光の吸収の違いから最終的に全ヘモグロビンに占める酸化ヘモグロビンの割合を計算する。正常とされる酸素飽和度の基準値はおよそ96~99%で、90%以下であれば肺機能の低下が考えられる。装着直後から値が連続的に得られるため、低酸素状態に陥る危険性の高い麻酔時や呼吸管理のためのモニターとして、また、睡眠時無呼吸症候群の判定時にも用いられる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パルスオキシメーターの関連キーワード慢性閉塞性肺疾患(COPD)在宅酸素療法青柳卓雄肺気腫

パルスオキシメーターの関連情報