コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パルボウイルス腸炎 パルボウイルスちょうえんparvoviral enteritis

世界大百科事典 第2版の解説

パルボウイルスちょうえん【パルボウイルス腸炎 parvoviral enteritis】

イヌを侵すウイルス性伝染病で,直接,間接の接触により伝播(でんぱ)する。とくに病犬糞便(ふんべん)中には多量のウイルスが排泄される。1978年以来,世界の各地で発症が認められるようになった比較的新しい疾病で,すべての年齢のイヌが感染するが,5ヵ月齢以下の幼犬の症例が最も多い。体温は成犬では平熱か軽度の上昇がみられる程度であるが,幼犬は40℃以上の高熱を発する。しかし高熱は続かず,早期に平熱に戻り,重症では平熱以下になることもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android