パレスチナ戦争(読み)パレスチナせんそう(英語表記)Palestine War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パレスチナ戦争
パレスチナせんそう
Palestine War

1948年5月 15日に開始された,イスラエル建国をめぐるイスラエルとアラブ諸国との戦争。第1次中東戦争とも呼ばれ,イスラエルでは独立戦争とも呼ぶ。第1次世界大戦後イギリスの委任統治下におかれていたパレスチナでは,17年のバルフォア宣言に基づきユダヤ国家の樹立を目指すシオニスト・ユダヤ人とパレスチナ国家の独立を求めるアラブ人との間に衝突が絶えず,イギリスは第2次世界大戦後,問題の解決を国連にゆだねた。国連総会は 47年 11月 29日,パレスチナをアラブ国家,ユダヤ国家および国連管理下の国際都市エルサレムに分割する決議を採択,これに基づき 48年5月 14日イスラエルの独立宣言が行われた。アラブ側はこの決議を拒否し,その実施を実力で阻止するべく,エジプト,シリア,ヨルダン,レバノン,イラクの軍隊がパレスチナに攻め込んで戦争へと発展。緒戦ではアラブ側が優勢であったが,その後イスラエル側が優勢となり,国連の調停で 49年2月から4月までにイスラエルがアラブ各国と次々に休戦協定を結んだ段階では,イスラエルは分割決議でユダヤ国家に割当てられていたよりはるかに広い範囲に支配を及ぼすことになった。この戦争の結果,大量のパレスチナ人が故郷を追われ,難民となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android