コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンアテナイア祭 パンアテナイアさい Panathēnaia

3件 の用語解説(パンアテナイア祭の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

パンアテナイアさい【パンアテナイア祭 Panathēnaia】

〈全アテナイの祭〉という意味。古代ギリシアのアテナイにおける最も重要な祭典。前6世紀中ごろに僭主ペイシストラトスによって整備された。祭神はエレクテイオンに祭られる守護女神アテナで,毎年その誕生日とされる盛夏のヘカトンバイオン月の28日(7月中旬ころ)に祝われたが,4年に1度は大祭が開催された。音楽,舞踏など各種の競技,供犠などがあるが,最大の行事は戦車隊や騎兵隊や少年少女から成る大行列で,その光景はパルテノンフリーズの彫刻に荘厳かつ生き生きと描き出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンアテナイア祭
パンアテナイアさい

パナテナイア祭」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンアテナイア祭
ぱんあてないあさい

古代ギリシアのアテネ(アテナイ)の新年祭。パンアテナイアPanathenaiaとは「アテネ女神の大祭典」の意味で、アテネ最大の祭典であった。4年目ごとの大パンアテナイア祭と、毎年行われる小パンアテナイア祭とがあり、いずれもアテネの第1月ヘカトンバイオン月(現在の7、8月にあたる)の、アテネ女神生誕の日とされている第28日を中心に前後4日以上続いた。アルコンをはじめとするアテネの高官や、市民、若者、少女たちが参加したこの祭りの中心は、豪華な行列と、羊・牛などの供犠(くぎ)、そして各種の競技である。第27日夜の前夜祭後の夜明けとともに郊外のアカデモスの森から聖火がもたらされ、パルテノン神殿の浮彫りに描かれたような市民、長老、騎馬隊、奏楽隊などの祭列がアクロポリスに向けて出発した。そして多数の犠牲獣が神々に捧(ささ)げられ、その肉はアゴラで市民に分配された。また戦車競走の優勝者には、神聖なオリーブ樹から採取された油を詰めた、アテネ女神の描かれた壺(つぼ)が与えられた。[前沢伸行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパンアテナイア祭の言及

【パルテノン】より

…前身の旧パルテノンは,前490年のマラトンの戦における勝利の後着工されたが,再来したペルシア人による前480年のアクロポリス焼打ちのため,その建設途中で破壊された。現パルテノンは,その基盤を拡張利用したもので,前447年着工,総監督をフェイディアス,設計をイクティノス,施工をカリクラテスが担当,前438年には落慶式と盛大なパンアテナイア祭が催された。すべてペンテリコン産の大理石で造られた周柱式神殿で,東西各8本,南北各17本のドリス式円柱の高さは10.43m,ステュロバテス(最上床面)の面積30.88m×69.50m,ナオス(内室)は東のヘカトンペドン〈百尺の部屋〉と西のパルテノン〈乙女の部屋〉に隔壁により二分され,それぞれプロナオス(玄関間)とオピストドモス(裏玄関間)を備えていた。…

※「パンアテナイア祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンアテナイア祭の関連キーワードアテナイアルコン古典古代ピレウスポリュグノトスギリシャ悲劇イクチノスアテナの聖域エルガステリオンパンアテナイ競技場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone