コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンジャブ パンジャブPunjab

翻訳|Punjab

3件 の用語解説(パンジャブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンジャブ
パンジャブ
Punjab

インド亜大陸北西部,パキスタンインドにまたがる広大な地域。パンジャブとは「5つの川」を意味し,インダス川支流のジェルム,チェナブ,ラビ,ベアズ,サトレジの各河川の流域をさす。西方とインドを結ぶ交通路にあたるため,古くから軍事,経済,文化の要衝として重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

パンジャブ(Punjab)

《五つの河の意》インド北部からパキスタン中北部にかけてのインダス川中流域の地方。古代インダス文明発祥の地。五河地方。1947年の両国独立により分割され、それぞれ州となる。インド側の州都はチャンディガル。パキスタン側の州都はラホールパンジャーブ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

パンジャブ【Punjab】

パキスタン北東部からインド北西部にまたがる地域。インダス川支流の五つの川が流れる肥沃な農耕地帯。小麦・綿花の大産地。古代インダス文明の発祥地。中心都市ラホール。五河地方。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パンジャブの関連情報