コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンジャブ Punjab

翻訳|Punjab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンジャブ
Punjab

インド亜大陸北西部,パキスタンとインドにまたがる広大な地域。パンジャブとは「5つの川」を意味し,インダス川支流のジェルム,チェナブ,ラビ,ベアズ,サトレジの各河川の流域をさす。西方とインドを結ぶ交通路にあたるため,古くから軍事,経済,文化の要衝として重要な役割を果した。前 5000年の集落跡,インダス文明跡,アショーカ王時代の仏教遺跡,デリー王朝,ムガル帝国のイスラム建築などが残る。 18世紀末からはシク教徒の本拠地。 1803~49年にイギリス領となり,その一州となった。 1947年インドとパキスタンの分離独立に伴い,両国にその州名が残る。インダス川の水利による灌漑施設の整備で,穀倉地帯として発展している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

パンジャブ【Punjab】

パキスタン北東部からインド北西部にまたがる地域。インダス川支流の五つの川が流れる肥沃な農耕地帯。小麦・綿花の大産地。古代インダス文明の発祥地。中心都市ラホール。五河地方。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

パンジャブの関連キーワードババル・カルサ・インターナショナルジャリヤーンワーラー庭園パキスタンの民族構成ラシュカレ・タイバラヒームヤルカーンラリターディティヤチョリスターン砂漠デラワールフォートスブクティギーンゴールデンモスクダルマラージカーホシャールプルジュルンドゥルパンジャブ問題グルダースプルワジーラバードバハワルナガルグジランワーラヤシュ グプタバングラビート

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パンジャブの関連情報