コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーニーパットの戦い パーニーパットのたたかい Battle of Pānīpat

2件 の用語解説(パーニーパットの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーニーパットの戦い
パーニーパットのたたかい
Battle of Pānīpat

インド,デリー北方約 80kmのパーニーパットで,1526年4月 21日,56年 11月5日,および 1761年1月 14日の3次にわたって行われた戦い。第1次は,バーブルのムガル軍とデリーのスルタン・イブラーヒーム (在位 1518~26) のロディー朝軍との間の戦い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パーニーパットの戦い
ぱーにーぱっとのたたかい

インドのデリー北方、パーニーパットPnpatで戦われた数度の戦争をいう。有名なものは二つある。一つは1526年の戦いで、中央アジアからアフガニスタンを経て、北インドに侵入したムガル帝国の初代皇帝バーブルと、ローディー朝との間に戦われた。これに勝ったバーブルは、北インド一帯に勢力を確立した。
 もう一つは1761年の戦いで、デカン高原を本拠として成長したマラータ勢力が北上して、ムガル帝国の実権を奪い取ろうとしたのに対し、それに対抗する諸勢力がアフガン系諸勢力と結んだうえ、アフガニスタン王アフマド・シャー・ドゥッラーニーの来援を要請したため、二大勢力の決戦が行われた。マラータ軍は壊滅的に敗れて後退した。インドを統一する大勢力になるかとみえたマラータの勢力は、この敗北によって、一時的に弱体化せざるをえなかった。[小谷汪之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーニーパットの戦いの関連キーワードインパールキラーニーヒンドゥスターニー語カンパーニュデリースルターン朝ピカデリーヒンドゥスターニー音楽ニーニーロンドンデリーの歌パーニーパットの戦

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone