コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒアデス星団 ヒアデスせいだんHyades star cluster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒアデス星団
ヒアデスせいだん
Hyades star cluster

おうし座α星 (アルデバラン) の近くにある散開星団 (α星は星団に属さない) 。天球上で直径6°~7°の範囲に約 150個の恒星が散在し,肉眼でも個々の星をいくつか数えることができる。地球からの距離はおよそ 140光年で,地球にいちばん近い星団。各星が太陽に対して秒速約 42kmのほぼ同一の空間運動を示すため,各星の固有運動は赤経6時 12分,赤緯+12°の空の一点に収束するように見える。同じ運動を示す他のいくつかの星とともに,おうし座運動星団を形成する。この見かけの運動により距離が精度よく定まるので,恒星の絶対光度の標準として,さらには大宇宙の大きさの推定に通じる手段の基礎として,基本的な重要性をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ヒアデスせいだん【ヒアデス星団】

牡牛おうし座に見られる散開星団。一〇〇個余りの星から成る。約149光年の距離にあり、散開星団としては太陽系に最も近い。ヒヤデス星団。つりがねぼし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヒアデス星団の関連キーワードヒヤデス星団羽子板星牡牛座釣鐘星牡牛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android