コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒポクラテス ヒポクラテス Hippokratēs

6件 の用語解説(ヒポクラテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒポクラテス
ヒポクラテス
Hippokratēs

[生]?
[没]前491/前490. ヒュブラ
古代シチリアゲラの僭主 (在位前 498頃~491/0) 。前 498年頃兄クレアンドロスの跡を継いで僭主となると,7年足らずで東シチリアの大部分を征服して支配下におき,シチリアの僭主支配の原型をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ヒポクラテス
ヒポクラテス
Hippokratēs; Hippocrates

[生]前460頃.コス島
[没]前377頃.テッサリアラリサ
医聖といわれる古代ギリシアの医師。医者の家に生まれ,ギリシアだけでなく小アジアにも広く旅行して,医学を教えたり,医療を施して,当代最高の医師といわれたという程度しか明らかでない。 60~70巻からなる『ヒポクラテス全集』 Corpus Hippocraticumは彼の没後,前3世紀中にアレクサンドリアの学者によって編集されたもので,解剖学,婦人や小児の病気,食餌療法薬物療法,外科などを扱っており,近代まで医学界に大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヒポクラテス(Hippokratēs)

[前460ころ~前375ころ]古代ギリシャの医師。迷信や呪術を排して臨床の観察と経験を重んじ、科学的医学の基礎を築いた。医師の倫理についても論じ、医学の父と称される。所説は「ヒポクラテス全集」に集大成された。ヒッポクラテス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒポクラテス

ヒッポクラテス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ヒポクラテス【Hippokratēs】

前460頃~前375頃) 古代ギリシャの医師。医術を魔法や迷信から解放し、経験を重んじる科学的医学の基礎を確立。その医説はのちに「ヒポクラテス全集」として集大成された。また、医学者としての倫理・規範などについても多くの見解を残し、医聖・医学の祖などと称される。ヒッポクラテス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒポクラテス
ひぽくらてす
Hippocrates
(前460ころ―前375ころ)

古代ギリシアの医学者。コス島の生まれ。父もまたヒポクラテスと称し、医師であった。父から医師としての手ほどきを受け、その後、小アジア、ギリシアの各地を遍歴し、多くの哲学者、医学者と交わったのち故郷に帰り、診療を施し、著述を発表した。テッサリア地方のラリッサで死んだと伝えられる。
 彼の所説を集めた『ヒポクラテス全集』Corpus hippocraticumは、ヒポクラテス一人だけの主張を集めたものではなく、彼に同調した人々の考えをも加えたものとされているが、これらのなかからヒポクラテス自身の見解を求めることは比較的容易である。彼の人体の生理・病理についての考えは体液論に基づき、人体は火・水・空気・土の四元素よりなり、人の生活はこれらに相応する血液・粘液・黄胆汁・黒胆汁によって左右される、とした。そしてこれら四液の調和が保たれている状態をエウクラジーeukrasieとよび、人は健康であり、不調和な状態をディスクラジーdyskrasieとよんで病気にあるとした。病気そのものと病気の症状をはっきり区別し、病的状態から回復しようとする力をフィジスphysisとよび、「病気を医するものは自然である」との説をたてた。予後学を重視し、瀕死(ひんし)の患者の顔つきについて述べた部分は今日でもなお使われている。そのほか、医師の倫理・任務などについても重要な指摘・見解を多く述べており、ヒポクラテスの名を一段と高めている。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒポクラテスの言及

【ヒッポクラテス】より

…古代ギリシアの医学の大成者。ソラノスの伝によると,彼は前460年にコス島で生まれたとされる。父のヘラクレイデス,ついでへロディコスから医術を学んだ。両親の死後コスを離れ各地を旅して医療活動を行い賞賛を得た。ペロポネソス戦争のときにはアテナイをはじめとする諸都市を疫病から救い,アテナイの市民権を与えられた。テッサリアのラリッサの付近で死んだが,その年齢として85歳,90歳,104歳,109歳の4説が伝えられ,また別に83歳説もある。…

※「ヒポクラテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒポクラテスの関連キーワードヘライオンスンガ全・前・善・喘・漸・然・禅・禪・繕・膳・髯荘王ツキディデスセレウコス一世セレウコス[1世]タレントゥムアンティオコス[4世]アンティオコス[7世]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒポクラテスの関連情報