コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマシ油(蓖麻子油) ひましゆ castor oil

翻訳|castor oil

1件 の用語解説(ヒマシ油(蓖麻子油)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひましゆ【ヒマシ油(蓖麻子油) castor oil】

ヒマの実から圧搾法により採取した油。種子の含油率は35~57%。ヒドロキシル基をもつ炭素数18の不飽和脂肪酸であるリシノール酸主成分で,85~90%を占める。融点(凝固点)-10~-17℃,比重0.950~0.975,屈折率nD30=1.477~1.479,ケン化価176~187,ヨウ素価81~91(不乾性油)。一般の油脂より粘度,比重が高く,アルコール,氷酢酸とよく混合するが,石油エーテルには溶けにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のヒマシ油(蓖麻子油)の言及

【油】より

…種子から融点38℃のバターのような油脂が採集される。その他,日本では下剤として知られるヒマシ油の原料であるヒマや,キク科のニガーシードNiger seedなどもアフリカで改良された油料植物である。 地中海地方ではオリーブが重要である。…

【下剤】より

…(5)刺激性下剤 腸粘膜を刺激して,反射的に蠕動(ぜんどう)を促進する薬をいう。ヒマシ油の主成分はリシノール酸のトリグリセリドであるが,十二指腸で消化液中のリパーゼによって加水分解され,リシノール酸の局所刺激により下痢を起こす。妊婦用または駆虫薬使用の際の下剤としては用いない。…

※「ヒマシ油(蓖麻子油)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒマシ油(蓖麻子油)の関連キーワード圧搾機魚油ひまし油植物油大麻油蓖麻子蓖麻子油糸瓜の皮エキスペラーひまの内子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone