エナメル(英語表記)enamel

翻訳|enamel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エナメル
enamel

ほうろうのこと。フランス語ではエマイユ emailと呼ばれ,美術工芸では金属素地に装飾を目的として焼付ける,金属酸化物で着色されたガラス質の釉 (うわぐすり) ,また,その色釉を加熱して溶着させた七宝焼 (→七宝 ) の製品をいう。

エナメル
enamel

エナメル・ペイントの略。油性ワニス媒材に用いた顔料で,木材,壁,金属製品に塗る光沢ペンキ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エナメル【enamel】

顔料を含む塗料の総称。狭義には油ペイント(ペンキ)に対して油ワニスを用いたエナメル-ペイントのこと。エナメル-ペイントのほか硝酸セルロースを用いたラッカー-エナメルもある。光沢があり、木工品や皮革製品をはじめ機械・車両などの外部塗装に用いる。 「 -の靴」 「 -塗装」
琺瑯ほうろう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

エナメル

〘名〙 (enamel)⸨イナメル⸩
① (金属や陶器の表面に焼きつける)ガラス質の顔料。琺瑯(ほうろう)。〔舶来語便覧(1912)〕
② (電線などに塗る、絶縁用の)ワニス。
③ 油性ワニスに顔料を練り混ぜたペイントの総称。乾燥が速く、塗膜は平滑で光沢に富み、固く、密着性が大きい。エナメルペイント。
※自画像(1920)〈寺田寅彦〉「金属製の顔にエナメルを塗ったやうな堅い堅い肖像よりは」
※絵本(1930)〈永井龍男〉「エナメルの靴には、もう、うっすりほこりがたかってゐる」
※日本読本(1887)〈新保磐次〉六「いなめるもし損ずれば歯の内部これより砕けてまた止むべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のエナメルの言及

【七宝】より

…七宝焼の略。ホウロウ(琺瑯)ともいい,英語のエナメルenamel,フランス語のエマイユémailにあたる。金属の素地にガラス釉(ゆう)を焼きつけて装飾する工芸。…

【歯】より

…まず歯は歯冠と歯根に分けられる。歯冠は解剖学的にはエナメル質enamel(かつてはホウロウ質といわれた)でおおわれている範囲をいい,歯根はエナメル質を欠き,セメント質cementumでおおわれている範囲をいう。歯冠と歯根の移行部を歯頸といい,ふつう少しくびれていて,正常状態では自由歯肉で取り巻かれているので,歯冠の一部は歯肉縁下にある。…

【ホウロウ(琺瑯)】より

…鉄板などの金属板の表面に,ガラス質の被覆を高温で付けることによって,化学的な耐久性を増大させたもの。エナメルともいう。家庭用品などに使用される一般ホウロウと,化学工業の反応容器などに使用される産業用との2種類がある。後者は化学的耐久性を高めたもので,耐酸ホウロウ,グラスライニングなどがある。七宝(しつぽう)もホウロウの一種である。 フリットと呼ばれるガラス粉末と粘土やある種の有機物などの添加物との混合物に水を加えて,ボールミルで微粉砕した釉(うわぐすり)泥漿を,金属板の表面にスプレーガンで吹き付けるなどの手法で付着させ,乾燥後800~900℃の温度で熱処理をしてガラス粉末を融解させ,均一な薄膜にしたものである。…

【七宝】より

…七宝焼の略。ホウロウ(琺瑯)ともいい,英語のエナメルenamel,フランス語のエマイユémailにあたる。金属の素地にガラス釉(ゆう)を焼きつけて装飾する工芸。…

【ホウロウ(琺瑯)】より

…鉄板などの金属板の表面に,ガラス質の被覆を高温で付けることによって,化学的な耐久性を増大させたもの。エナメルともいう。家庭用品などに使用される一般ホウロウと,化学工業の反応容器などに使用される産業用との2種類がある。…

※「エナメル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エナメルの関連情報